スズキ・クロスビー試乗 必要十分なパワーが美点。走りに課題はあるか? 【読み上げてくれる記事】

スズキに新たに加わったクロスビー。広さや取り回しの良さは、コンパクトカーのお手本といえるほどで、スズキの意気込みが伝わってきます。

走りでの注目点は、1.0L直噴ターボエンジン+マイルドハイブリッドのパワートレーンの完成度でしょう。注意深く観察すると、ターボラグが感じられるものの、最長30秒間のモーターアシストもあって予想以上に力強い加速が得られます。

エンジンスペックは、最高出力73kW(99ps)/5500rpm、最大トルク150Nm/1700-4000rpmで、モーターの出力は、2.3kW(3.1ps)/1000rpm、トルクは50Nm/100rpm。

1.0Lという排気量でも「リッターあたりほぼ100ps」という実力の持ち主ですから、FFなら960kgという軽量ボディを活かして、まさに必要して十分という力感を味わえます。走行モードを「スポーツ」にするとさらに力強い加速を引き出せます。

さらに、CVTではなく、6ATが採用されているのも変速フィールという点では大きな魅力で、高速道路への合流時など急加速のシーンなどでもスムーズに変速。ATに乗ってきた方なら何ら違和感なく乗り替えられるはずです。

ひとつ気になったのは、60km/h前後でこもり音がすること、さらに100km/h巡航時のエンジン音や風切り音もやや高く、少し軽自動車に近いフィーリングも感じられました。

乗り味は、比較的素直な足の動きで、乗り心地を重視しているのが伝わってきます。

(文/写真 塚田勝弘)

『読み上げ動画』の最新記事

実車よりも入手困難!? 「GRスープラ」はミニカーも熱い! 【読み上げてくれる記事】
新型Mazda3の「M Hybrid」に東芝のリチウムイオン二次電池「SCiB」が採用 【読み上げてくれる記事】
新型スープラの0-100km/h加速は、BMW・Z4 M40iより0.1秒速いと判明 【読み上げてくれる記事】
自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決 【読み上げてくれる記事】
新型トヨタ・RAV4 ダイナミックフォースエンジン」を積む2.0Lガソリンのオンロードの走りは?【読み上げてくれる記事】