メルセデスベンツ「Aクラス」初のセダンを公開【読み上げてくれる記事】

独ダイムラーが4月25日(水)に開幕する北京モーターショー2018で、新型メルセデス・ベンツ「Aクラス サルーン」をワールドプレミアすると発表しました。

現行「Aクラス」で成功を収めたメルセデス・ベンツは今年2月、オランダ・アムステルダムで4代目となる5ドアハッチバックモデル、新型「Aクラス」 を公開。

そのAクラスに初めて追加設定される4ドアセダンが今回公開される「Aクラス サルーン」です。

昨年4月の上海モーターショーでセダンのコンセプトモデルが公開されており、1年後となる北京モーターショーで量産モデルが公開されるという訳です。

既にニュルブルクリンクで高速走行テストが開始されており、セダンとしてのフォルムやスポーティな走りが確認できます。

ダイムラーの発表によると、新型「Aクラス」は全長:4,419mm(+119)、全幅:1,796mm(+16)、全高:1,440mm(+5)、ホイールベース:2,729mm(+29)とそれぞれサイズアップしており、各モデルに搭載されるエンジンスペックは以下となっています。

「A200」1.3L直4ガソリン:163hp/5,500rpm、250Nm/1,620rpm
「A250」2.0L直4ガソリン:224hp/5,500rpm、350Nm/1,800rpm
「A180d」1.4L直4ディーゼル:116hp/4,000rpm、260Nm/1,750‐2,500rpm

セダンにおいても同様に3種類のエンジンがラインナップされると予想され、PHEVの存在も噂されているようです。

ベースモデルの新型Aクラスはドイツやイギリスでまもなく発売される模様で、日本でも年内の発売が予想されており、派生モデルとなる「Aクラス サルーン」についても2019年前半の発売が予想され、北京モーターショーでのさらなる詳細情報公開が待たれます。

Avanti Yasunori・画像:Daimler)

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事