「Waymo」が公道を自動運転車で走行する様子を収めた360°動画を公開

Googleの自動運転車開発プロジェクトが独立し、アルファベット(Alphabet)傘下となった「Waymo」。

同社はGoogle時代の2009年に自動運転車の開発をスタートさせ、既に公道での実走行テストを800万km以上に渡って行なうなど、自動運転技術で他社を凌駕しています。

そうしたなか、同社は動画サイトで自動運転車に乗った気分にさせてくれる360度ムービーを公開しました。

自動運転車のルーフ上に設けたLIDAR(ライダー)やセンサーから得られた情報をベースに、自車の周辺情報を3Dデータ化。交差点侵入時にはカメラが信号機の色を確認します。

Waymoの自動運転車は、270m以上先の物体を識別可能で、走行中の周辺情報を元に、次に起きる状況を精密に予測しているそうです。360度の視野で撮影されていることもあり、「自動運転」の世界がもやは絵空事ではないことを実感させられます。

Avanti Yasunori・画像:Waymo)

【関連記事】

米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?
https://clicccar.com/2018/03/06/565166/

GM、フォード、テスラが「自動運転機能」活用で新事業への進出を計画か?
https://clicccar.com/2018/01/25/553563/

ジャガー・ランドローバーが目指す「セルフ ドライビング タクシー」サービスとは?
https://clicccar.com/2018/01/24/553139/

トヨタとフォードが「スマートデバイスリンク」の業界標準化でコンソーシアムを設立!
https://clicccar.com/2017/01/06/432709/

米・フォードCEOが2021年「完全自動運転」実現を宣言!
https://clicccar.com/2016/08/19/393375/

【関連リンク】

Waymo
https://medium.com/waymo